FXで勝つにはすばりリスク管理をしっかりとすることです

FXは今や学生でも主婦でも気軽に出来る投資の1つになりました。
出口のない不況が続いていて経済状況も芳しくない我が国は銀行にお金を預けていてもほんのわずかの利息しかつきません。
そこで投資の1つとしてFXを始めている方も多いのではないかと思います。
銀行の外貨預金や外貨定期もありますが為替レートが不利であったりスプレッドも大きい上に様々な手数料も高いのでFXが断然有利でしょう。
近年多くのFX会社が設立されたおかげで外貨両替手数料が無料のFX会社が多くなっていてスプレッドもどんどん狭まっています。
ドル円ではもはやスプレッドが1円は高い部類で1円を切って当たり前です。
ユーロもしかりで1円を切っているFX会社もありわれわれFXに投資する側は嬉しいことです。
しかもFXは様々な通貨ペアから売買を選ぶことができますのでそれぞれの通貨が安かろうが高かろうがどちらからも取引が出来るのも魅力です。
相場が休みでなければいつでも取引が出来ます。
FXは多くのメリットがあることがお分かりだと思います。
事実上ゼロ金利の円を運用していても得られるメリットは少ないのでなおさらでしょう。
しかしながらFXは手軽に運用が出来ますが一歩間違えると大事な資産を失ってしまうことも起こりうるリスクがあるのです。
FXのさらなるメリットとしてレバレッジをかけることによって少ない自己資産の方でも多くの資産を見かけ上運用することが出来ます。
これは多くの資産を持っている方も同様でレバレッジをかけることでより多くの運用が出来ることになります。
ですので利益が出ていればレバレッジをかけた分の利益が加わるわけですが、
逆の場合も損失にさらなるレバレッジがかかって損失が拡大するわけです。
こういったことを踏まえるとFXで必勝するためにはリスク管理をきちんと行うことではないでしょうか。
初級者や中級者はレバレッジをかけたとしてもせいぜい10倍程度にしておき必ず損切り注文を入れておくのです。
何となく損切りに引っかかるのは嫌だと思って損切りを入れずにそのまま持ち続けていたらどんどん損失が膨らみポジションの約定が出来ないばかりか為替が大きく動いたらロスカットの憂き目にあってゲームオーバーです。
大事な自己資金を失います。null
ですので損切りを必ず入れて損害を小さくして次のポジションを持てばよいのです。
そうやって小さな利益を積み重ねていく内にやがて資産も増えていくのではないかと思います。
FXで勝たれている方の多くは大きな利益を生み出すことよりも損失をいかに小さく抑えるかを考えているでしょう。
ですのでFXで勝つにはリスク管理をしっかりと行うことなのです。

Tags »

Autor:admin
Themengebiet: リスク管理